手肌や顔・頭皮の赤みに悩む女性が増えている!かゆみや痛みがある場合も!

 

季節の変わり目だけではなく、ストレスなど色んな理由で肌や頭皮の赤みやかゆみに悩む女性が増えてきていると言います。

理由は様々ですが、皮膚科を受診する患者も昔より多くなっているのは、やはり日頃のストレスもかなり影響しているのだと思います。

さて、今回は特に重症になるのに気づきにくい頭皮を中心に、体や顔の肌の赤みについて考えていきたいと思います。

 

手肌や顔、頭皮の皮膚はそれぞれ違う

 

 

頭皮や顔の肌の状況

頭皮の赤みに悩むということは、実際の頭皮の状態が症状として、現れているからだと思いますが、それがアトピーなど重要な症状である場合は、皮膚科への相談を行いましょう。

その赤みの状況によって様々だと思いますが、赤みまでの状況が頭皮に広がっているのは、普段の生活での対策が原因という事も大いにありますよね。

さて、皮膚は繋がっていますが、毛穴や肌表面の質は場所によって違いますよね。

違うという事は、ケアの仕方も違ってくる事になります。

それぞれ場所に合ったケアが必要になりますが、その半面自分に合った化粧品に巡り合う事も難しかったりします。

自分に合う化粧品や薬を探す事も必要ですが、とにかく肌にとって良くないものは排除する事が、まずは先決ですね!

皮膚の症状は精神的な側面も痛めますので、即効性のある対策は急務です。

そのため、あまりにもひどい症状になるのであれば、病院での診察を受けましょう。

そういった自らの認識による対策は必要ですので、軽く考えると後々ひどくなる事をしっかり認識しましょう。

頭皮の赤み低減の為に

頭皮の赤身を無くすには、少しでも症状の現れた段階で、適当な対策が必要です。

かなりのかゆみが伴うなら、自らの自然治癒が可能でないことは充分考えられます。

ですので、早期の段階で診療を受けましょう!

そして、赤みの出た時点での、衛生上・清潔状態の問題をまずは考え、解決しなくてはなりません。

よくあるアレルギー反応としての意味だけではなく、今後ひどくなった事も考えると自己判断では余計にひどくなる恐れもあるからです。

ただし、自分での処理が良い方向に向かう場合では、頭皮の保護の為に更に肌にとって何が良いのか?など、専門知識を身に着けてください。

衛生・清潔・栄養、そのほかに処置が、早期に行われるようにしてくださいね。

 

かゆみや痛みが出る場合もある

 

 

かゆみの症状が出たら

赤みの手前の、かゆみだけの症状であれば、まだ早期解決が可能になります。

かゆみの出る時点では、頭皮のはがれのほかに、細菌の繁殖のおそれもありますので、かゆい状態が続けば、頭皮や肌の洗浄に気づかってください。

そして、頭皮の場合はブラッシングの際、硬いブラシは絶対に使わないでくださいね。

気をつけていても、頭皮に硬いブラシの先が当たると症状が悪化する事は目に見えていますから。。。

頭皮の角質が、自然に適度にはがれるようであればいいのですが、頭皮自体がぼろぼろになってしまえば、かゆみだけでは収まりません。

皮膚内の表皮層から真皮層までをも痛める事になり、治療も長引くからです。

顔の肌や体の肌は、比較的見えやすいので自覚しやすいですが、頭皮の状態は『感じる』といった以外は、なかなか自覚しにくいものです。

ですので、かゆい原因を取り去る為に、強すぎないブラッシングでの洗浄を心がけなければなりません。

 

痛みまででるケースでは

痛みが頭皮に出てしまっている場合では、ブラッシングの時にも、その洗浄剤とともに、染みる結果となり、洗浄自体が苦痛を覚えることがあります。

なので、そこでの痛みを緩和した状態で、かつ清潔状態を保たなくてはならないという、専門的なやり方が必要になります。

痛みを伴う場合での、自らの処置は難しいですが、衛生状態にこだわる事だけは忘れないでください。

そして、過度にひっかくなどの手当ては絶対に控える事です。

血痕まで出るようになれば、後々の皮膚の状態が深刻化する事もありますので、早めに皮膚科を受診しましょう!

 

まとめ

 

頭皮の赤みは、アレルギー反応と同一視されそうな面もありますが、実際は、その頭皮の特殊な症状である可能性があります。

つまり、専用の薬が必要だったりするのです。

自己判断で深刻化する場合もありますし、普段の生活の改善で治る場合もあります。

そこを自分自身でしっかり把握しておきましょう。

それとかゆみが出る時点で、絶対に爪をあてないなど、痛む前に早めの処方が必要です。

これは、ふけ・かゆみといった代謝の活発な頃にできる頭皮の角質はがれの状態とはまた違うと判断できます。

健康な状態ですと、肌のターンオーバーとして頭皮は剥がれ落ち、再生している状態ですが、赤みや痛みが出ている時点では、正常に行われれいないと考えられます。

皮膚の代謝能力をあげるという事と、皮膚のターンオーバーを正常にする事を先決にしなければなりません。

よい栄養を摂って、健やかな睡眠と共に、回復を待ってください。

 

カテゴリー: 頭皮や体のアンチエイジング パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。