冬こそ手荒れがひどくなる季節!老け手と手荒れの違いは?

 

冬に手荒れがひどくなる経験は誰にもありますよねー!

私もいつも冬はハンドクリームがかかせないんですよ。

しかも年齢が40代ともなると、手荒れはひどくなる一方!(;O;)

そんな40~50代の手荒れの救世主たるハンドクリームが発売したようです!

これは試してみる価値ありですよね!

 

冬にしまる

 

 

冬と言うのは、毛穴の締まる時期です。

特に頭皮は脂が多い事は知られていますが、そんな頭皮でも毛穴汚れと言うのは払しょくしにくい段階にあります。

例えば頭皮で例えるなら、毛穴汚れを取るには、ぬるま湯で洗い上げるときのブラッシングが重要です。

肌をやわらかめにしておいて、軽い程度でこすりあげます。

また、吸盤的な役割を持つもので、圧力をもって毛穴汚れを取り去ります。

これは、冬に汗の蒸散機能が少なるなる事が起因していて、毛細血管の周囲の皮膚の組織も緊張するからです。

なので、汗で流れない状況が冬の肌の汗腺の中にうまれてきます。

頭皮でも、これだけ皮脂がなくなる冬!

手荒れがひどくなるという事はよく解りますよねー。

頭皮の蒸散がすくなければ

頭皮からの蒸散が少ないとき、皮脂汚れの層はより固着します。

なので、水分の少ない状況で、皮脂が臭うか、それともそれに対応したバクテリアの繁殖が盛んになる訳です。

夏の腐乱臭と違い、また冬専用の悪いバクテリアの温床となります。

これが、冬の衣服類や、頭皮に繁殖するバクテリアの種類になります。

室内環境に少し湿度や、温度の上がった状態であれば、これらの悪いバクテリアがガスを発生させますので、臭う訳です。

汗で流れない分、よくぬるま湯等で、洗浄することが重要になります。

こんな風に頭皮の場合は対処法がありますが、手荒れはどうすれば良いのでしょうか?

そんな対処法について次にお話したいと思います。

 

水分不足の乾燥が手荒れの原因に!

 

 

水分補給の大事さ

水分補給をすれば、発汗が盛んになります。

ただし、これは、水太り、要するに体内水環境の多めの状況が産まれていますので、適度に水分離脱を計らなくてはなりません。

水分だけを摂ると、お腹周りや皮膚以下に関連しますので、適度に発散することが重要です。

水分補給とサウナや、水分補給とショットダンス等、発汗を促し、体温を上げる事を旨としてください。

汗腺のつまり

汗腺のつまりというのは、幼いころからのものがありすぎると、つまり以下の作用を及ぼします。

なので、ダンスや、プール等で、よく汗腺を広げる運動をすることと、それに呼応したシャワーリング・発汗状況を維持することが肝要です。

よく、汗をかき、シャワーリングを重ね、ときおりお風呂で熱く流すことが健康の秘訣です。

汗腺づまりが、及ぼすのは、発汗不良による皮膚機能の低下・体温低下等があります。

汗をよくかいておくことは、肌の健康に良いのも一目瞭然です。

冬の時期は、角質はがれ等の皮膚の代謝が遅れることもありますので、ソフトなタッチでの洗浄を心がけましょう。

角質は、冬にこそはがれにくくなる傾向があります。

ハンドクリームは、必須ですが見た目も大切ですよね。

そんな乾燥肌や年齢を重ねた手の甲を若返らせてくれるハンドクリームが『北の快適工房』さんから発売されたんですよ。

それは『ハンドピュレナ』という商品で、今話題沸騰中です!

たくさんのレビューもネット上に載っていますので、ぜひ一度お試しする事をおすすめします。

 

まとめ

 

 

肌の乾燥やかゆみは乾燥が主な原因といえますが、老化による肌のターンオーバーが原因とされる場合も多いものです。

乾燥が原因の場合は、その人それぞれに合ったハンドクリームや皮膚科で処方された薬で対処するべきだと思います。

ハンドクリームの質を選ぶのは重要になります。

基本的に良いハンドクリームは、かゆみがひくものがあります。

かゆみと言うのは、冬の間の角質はがれ、たとえば、かさかさ肌というものに起こります。

天然成分としての有効さもあります。

たとえば緑茶系。

こういったものは、かゆみを抑えたり、炎症を控える効果があります。

確かに皮膚アレルギー系には有効な香りと成分があります。

また、ローションの粗悪品にはご注意ください。

それと、老化による手荒れには、見た目も改善するハンドクリームが重要だと思います。

最近発売した『ハンドピュレナ』は、老け手に効果があるそうなので、一度試してみるのをおすすめします!(^○^)

 

カテゴリー: 手の甲のアンチエイジング パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です