手肌に出来る湿疹の原因と対処法!

 

手の湿疹は、基本的には乾燥が原因です。

顔のかゆみも嫌ですが、手も人目に触れやすい場所ですし、かゆみもあれば尚更気持ちも沈んでしまいます。

それに、見た目だけ赤くプツプツしているけど、かゆくない。という場合もありますよね。

見た目は湿疹なのにかゆくないと、逆に余計に心配になったりします。

今回は、そんな気になる湿疹の原因と対処法について紹介していきます。

 

手の甲に出来る湿疹の原因は?

 

 

不潔が原因の場合も!

手にできる湿疹の原因は、不潔がメインの場合があります。

皮膚病の理由もあるかもしれません。

しかし、手の皮膚病の根源も不潔にあります。

通常、不潔と言うと手を洗っていない。といった問題があります。

これは、成長期のレベルの問題があり、また、成人レベルの問題の事もあります。

要するに、手を洗わずに放置すると、その結果手のひらや手の甲に湿疹が起きる訳です。

なぜ、不潔を放置しておくのか、それは衛生観念がしっかりしていないからです。

手洗いは、食事前や外出後は最低レベルで必要になります。

基本的な原因で手荒れの場合は、すぐに改善出来ますね。

バクテリアが原因

バクテリアには、いいものとわるいものがあり、炎症を起こすのは、悪いバクテリア・細菌です。

細菌類は、皮膚の栄養を食べて生きています。

皮膚の栄養と言うのは、汗による水分・皮脂・にじみ出るアミノ酸類になります。

それをもって最近は、皮膚内部にまで浸食しようとしますので、皮膚の痛覚は、痛む以前にかゆみをもって危険信号を発します。

それを放置しておけば、湿疹が発生し、炎症を起こすようになります。

また、その炎症の状態でかきむしってしまえば、皮膚の損耗から手の付けられない状態になります。

不潔を改め、清潔状態を常時維持しましょう。

要するに、かゆくなったらすぐにシャワーリングになります。

 

湿疹にはかゆいものとかゆくないものがある?

 

 

赤く腫れたところが痛む

湿疹が、発疹状態になってしまう。といった事があります。

その状態を放置しておけば、かゆみから発展して痛みまでになることがありますので、湿疹とかゆみが起こったら、すぐにでもシャワーリング・洗浄で対応してください。

湿疹の状態は、指で皮膚を触ってみて、突起物があるかどうかでも確認できます。

鏡で見てみると、赤く腫れているのがわかるでしょう。

その湿疹がかゆみを引き起こしています。

かゆみに覆われている状態では、その湿疹の状態は激しいものです。

そして、その湿疹を別の手指・爪でこすってしまうと、更に炎症を引き起こします。

色が変わってなんともない

湿疹には、赤く色変しているものはありますが、肌の状態によって、発疹がなんともない場合もあるかもしれません。

これは、皮膚の色の変色で、病状とは言いにくいものである可能性があります。

皮膚の表面上にできる色変と同じで、かゆくなかったり、いたまなかったりすれば、放置しておいて結構です。

 

まとめ

 

 

湿疹がかゆくなければ、それは痛んでいる可能性があります。

そして、ただ赤いだけで皮膚の変色のこともあるでしょう。

かゆみだけから、洗浄・シャワーリングにすぐに向かえばいいですが、それを放置し、炎症になれば、皮膚科への相談も必要になるかもしれません。

手を清潔にしておくことは、衛生上の点でも有用ですが、ソーシャルライフとしてもマナー中のマナーです。

もし、衛生状態の不潔が原因で、かゆみや湿疹が出てしまっていたら、清潔にすればすぐ改善する話ではあります。

早期に手を打つために、常日頃から手洗い習慣を身に付けましょう。

それに敏感肌でしたら、自分にあったハンドソープを洗面に置いておくことです。

携帯用のものを常時バックに入れる事も有効ですね。

自分のやり方が間違っているかもしれないとお考えであれば、早急に皮膚科に相談するべきです。

 

カテゴリー: 手の甲のアンチエイジング パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。