手の甲の血管が気になる人!老け手予防のハンドクリームを使って老化をストップ!

 

30代後半から40代だとすごく気になってくるのが手の甲の浮き出た血管!

こんなゴツゴツした老け手の症状を「ハンドベイン」と言います。

そんなゴツゴツした老婆をイメージさせる「ハンドベイン」は治療出来るのか?

それに有効な予防策は?

それらについてお話したいと思います。

 

ハンドベインとは

 

ハンドベインとは

 

手の甲の血管や腕の血管が、若い頃より数㎜拡張して、表面(見た目)に浮き出てくる状態のことを言います。

これらの血管拡張は、特に病的な状態があるわけではなく、『ハンドべイン』という言葉自体も、そもそも医学用語ではないのです。

しかし、病的な血管(静脈)のことを下肢静脈瘤と言います。

こういった病的な血管とは違うといった意味で、美容治療の対象となる手の甲や腕の血管拡張のことをHand Vein(ハンドべイン)と呼ぶようになったのです。

 

ハンドベインの治療

 

ハンドべインというのは、生理的な静脈拡張によるもので、血行面で異常はありませんが、見た目が嫌ですよね。

人から「老けた」と言われる事はないにしても、自分の手が見られている雰囲気って解りますもんね。

首と手には年齢が出る!なんていう話は、皆知ってるでしょうからね。

そうなると精神的に大きなストレスを感じる事も少なくありません。

特に30代後半か、40代になればほとんどの女性の切実な悩みと言えます。

現状、一番有効とされているのは美容外科などでヒアルロン酸を注入したり、いくつかのレーザーがあるのですが、そういったレーザー治療が主となります。

そう思うと、金額の事や失敗したら。。など考えると、少し怖いですよね。

ハンドベインにならない為には予防が必須!

ハンドベインにならない為には予防

ハンドベインにならない様にする!といった事は、無理ですがある程度の予防は出来ます。

やはり普段のケアが一番です。

老化の80%は紫外線が原因と言われていますから、紫外線対策は必須です。

そして、ハンドクリームを毎日使う習慣を身につけましょう。

最近では、ハンドベイン専用のハンドクリームが販売されている様ですね。

特におおすすめなのが、老け手の為に開発されたというハンドクリーム『ハンドピュレナ』という商品です。

詳しい成分や使用感などは、こちらで確認出来ますので、参考にしてみてくださいね。

 

ハンドピュレナの効果や体験談

 

効果にも個人差があるとは思いますが、日頃のケアが後々の自分を作り出すという事を念頭に置いて、そういったハンドクリームで予防をしていくのも1つの手です。

皮膚の中のコラーゲンなどは、外的栄養(クリームなど)などで補う事はなかなか難しいものです。

ですので、主にハンドベインの治療は美容外科で行っています。

しかし、料金も30万ほどかかる事も多く、しかも医師の腕で結果の違いが出てきますからね。

後で後悔するかもしれないというリスクもきちんと納得して、美容外科に行く事を考えてもいいかもしれませんが、やはり普段の生活から『これ以上ひどくならない為に』という予防策を始める事が大切だと思いますね。

アンチエイジングに終わりはないですが、楽しみながら歳を取っていきたいものです。

 

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

手肌や顔・頭皮の赤みに悩む女性が増えている!かゆみや痛みがある場合も!

 

季節の変わり目だけではなく、ストレスなど色んな理由で肌や頭皮の赤みやかゆみに悩む女性が増えてきていると言います。

理由は様々ですが、皮膚科を受診する患者も昔より多くなっているのは、やはり日頃のストレスもかなり影響しているのだと思います。

さて、今回は特に重症になるのに気づきにくい頭皮を中心に、体や顔の肌の赤みについて考えていきたいと思います。

 

手肌や顔、頭皮の皮膚はそれぞれ違う

 

 

頭皮や顔の肌の状況

頭皮の赤みに悩むということは、実際の頭皮の状態が症状として、現れているからだと思いますが、それがアトピーなど重要な症状である場合は、皮膚科への相談を行いましょう。

その赤みの状況によって様々だと思いますが、赤みまでの状況が頭皮に広がっているのは、普段の生活での対策が原因という事も大いにありますよね。

さて、皮膚は繋がっていますが、毛穴や肌表面の質は場所によって違いますよね。

違うという事は、ケアの仕方も違ってくる事になります。

それぞれ場所に合ったケアが必要になりますが、その半面自分に合った化粧品に巡り合う事も難しかったりします。

自分に合う化粧品や薬を探す事も必要ですが、とにかく肌にとって良くないものは排除する事が、まずは先決ですね!

皮膚の症状は精神的な側面も痛めますので、即効性のある対策は急務です。

そのため、あまりにもひどい症状になるのであれば、病院での診察を受けましょう。

そういった自らの認識による対策は必要ですので、軽く考えると後々ひどくなる事をしっかり認識しましょう。

頭皮の赤み低減の為に

頭皮の赤身を無くすには、少しでも症状の現れた段階で、適当な対策が必要です。

かなりのかゆみが伴うなら、自らの自然治癒が可能でないことは充分考えられます。

ですので、早期の段階で診療を受けましょう!

そして、赤みの出た時点での、衛生上・清潔状態の問題をまずは考え、解決しなくてはなりません。

よくあるアレルギー反応としての意味だけではなく、今後ひどくなった事も考えると自己判断では余計にひどくなる恐れもあるからです。

ただし、自分での処理が良い方向に向かう場合では、頭皮の保護の為に更に肌にとって何が良いのか?など、専門知識を身に着けてください。

衛生・清潔・栄養、そのほかに処置が、早期に行われるようにしてくださいね。

 

かゆみや痛みが出る場合もある

 

 

かゆみの症状が出たら

赤みの手前の、かゆみだけの症状であれば、まだ早期解決が可能になります。

かゆみの出る時点では、頭皮のはがれのほかに、細菌の繁殖のおそれもありますので、かゆい状態が続けば、頭皮や肌の洗浄に気づかってください。

そして、頭皮の場合はブラッシングの際、硬いブラシは絶対に使わないでくださいね。

気をつけていても、頭皮に硬いブラシの先が当たると症状が悪化する事は目に見えていますから。。。

頭皮の角質が、自然に適度にはがれるようであればいいのですが、頭皮自体がぼろぼろになってしまえば、かゆみだけでは収まりません。

皮膚内の表皮層から真皮層までをも痛める事になり、治療も長引くからです。

顔の肌や体の肌は、比較的見えやすいので自覚しやすいですが、頭皮の状態は『感じる』といった以外は、なかなか自覚しにくいものです。

ですので、かゆい原因を取り去る為に、強すぎないブラッシングでの洗浄を心がけなければなりません。

 

痛みまででるケースでは

痛みが頭皮に出てしまっている場合では、ブラッシングの時にも、その洗浄剤とともに、染みる結果となり、洗浄自体が苦痛を覚えることがあります。

なので、そこでの痛みを緩和した状態で、かつ清潔状態を保たなくてはならないという、専門的なやり方が必要になります。

痛みを伴う場合での、自らの処置は難しいですが、衛生状態にこだわる事だけは忘れないでください。

そして、過度にひっかくなどの手当ては絶対に控える事です。

血痕まで出るようになれば、後々の皮膚の状態が深刻化する事もありますので、早めに皮膚科を受診しましょう!

 

まとめ

 

頭皮の赤みは、アレルギー反応と同一視されそうな面もありますが、実際は、その頭皮の特殊な症状である可能性があります。

つまり、専用の薬が必要だったりするのです。

自己判断で深刻化する場合もありますし、普段の生活の改善で治る場合もあります。

そこを自分自身でしっかり把握しておきましょう。

それとかゆみが出る時点で、絶対に爪をあてないなど、痛む前に早めの処方が必要です。

これは、ふけ・かゆみといった代謝の活発な頃にできる頭皮の角質はがれの状態とはまた違うと判断できます。

健康な状態ですと、肌のターンオーバーとして頭皮は剥がれ落ち、再生している状態ですが、赤みや痛みが出ている時点では、正常に行われれいないと考えられます。

皮膚の代謝能力をあげるという事と、皮膚のターンオーバーを正常にする事を先決にしなければなりません。

よい栄養を摂って、健やかな睡眠と共に、回復を待ってください。

 

カテゴリー: 頭皮や体のアンチエイジング | コメントする

冬こそ手荒れがひどくなる季節!老け手と手荒れの違いは?

 

冬に手荒れがひどくなる経験は誰にもありますよねー!

私もいつも冬はハンドクリームがかかせないんですよ。

しかも年齢が40代ともなると、手荒れはひどくなる一方!(;O;)

そんな40~50代の手荒れの救世主たるハンドクリームが発売したようです!

これは試してみる価値ありですよね!

 

冬にしまる

 

 

冬と言うのは、毛穴の締まる時期です。

特に頭皮は脂が多い事は知られていますが、そんな頭皮でも毛穴汚れと言うのは払しょくしにくい段階にあります。

例えば頭皮で例えるなら、毛穴汚れを取るには、ぬるま湯で洗い上げるときのブラッシングが重要です。

肌をやわらかめにしておいて、軽い程度でこすりあげます。

また、吸盤的な役割を持つもので、圧力をもって毛穴汚れを取り去ります。

これは、冬に汗の蒸散機能が少なるなる事が起因していて、毛細血管の周囲の皮膚の組織も緊張するからです。

なので、汗で流れない状況が冬の肌の汗腺の中にうまれてきます。

頭皮でも、これだけ皮脂がなくなる冬!

手荒れがひどくなるという事はよく解りますよねー。

頭皮の蒸散がすくなければ

頭皮からの蒸散が少ないとき、皮脂汚れの層はより固着します。

なので、水分の少ない状況で、皮脂が臭うか、それともそれに対応したバクテリアの繁殖が盛んになる訳です。

夏の腐乱臭と違い、また冬専用の悪いバクテリアの温床となります。

これが、冬の衣服類や、頭皮に繁殖するバクテリアの種類になります。

室内環境に少し湿度や、温度の上がった状態であれば、これらの悪いバクテリアがガスを発生させますので、臭う訳です。

汗で流れない分、よくぬるま湯等で、洗浄することが重要になります。

こんな風に頭皮の場合は対処法がありますが、手荒れはどうすれば良いのでしょうか?

そんな対処法について次にお話したいと思います。

 

水分不足の乾燥が手荒れの原因に!

 

 

水分補給の大事さ

水分補給をすれば、発汗が盛んになります。

ただし、これは、水太り、要するに体内水環境の多めの状況が産まれていますので、適度に水分離脱を計らなくてはなりません。

水分だけを摂ると、お腹周りや皮膚以下に関連しますので、適度に発散することが重要です。

水分補給とサウナや、水分補給とショットダンス等、発汗を促し、体温を上げる事を旨としてください。

汗腺のつまり

汗腺のつまりというのは、幼いころからのものがありすぎると、つまり以下の作用を及ぼします。

なので、ダンスや、プール等で、よく汗腺を広げる運動をすることと、それに呼応したシャワーリング・発汗状況を維持することが肝要です。

よく、汗をかき、シャワーリングを重ね、ときおりお風呂で熱く流すことが健康の秘訣です。

汗腺づまりが、及ぼすのは、発汗不良による皮膚機能の低下・体温低下等があります。

汗をよくかいておくことは、肌の健康に良いのも一目瞭然です。

冬の時期は、角質はがれ等の皮膚の代謝が遅れることもありますので、ソフトなタッチでの洗浄を心がけましょう。

角質は、冬にこそはがれにくくなる傾向があります。

ハンドクリームは、必須ですが見た目も大切ですよね。

そんな乾燥肌や年齢を重ねた手の甲を若返らせてくれるハンドクリームが『北の快適工房』さんから発売されたんですよ。

それは『ハンドピュレナ』という商品で、今話題沸騰中です!

たくさんのレビューもネット上に載っていますので、ぜひ一度お試しする事をおすすめします。

 

まとめ

 

 

肌の乾燥やかゆみは乾燥が主な原因といえますが、老化による肌のターンオーバーが原因とされる場合も多いものです。

乾燥が原因の場合は、その人それぞれに合ったハンドクリームや皮膚科で処方された薬で対処するべきだと思います。

ハンドクリームの質を選ぶのは重要になります。

基本的に良いハンドクリームは、かゆみがひくものがあります。

かゆみと言うのは、冬の間の角質はがれ、たとえば、かさかさ肌というものに起こります。

天然成分としての有効さもあります。

たとえば緑茶系。

こういったものは、かゆみを抑えたり、炎症を控える効果があります。

確かに皮膚アレルギー系には有効な香りと成分があります。

また、ローションの粗悪品にはご注意ください。

それと、老化による手荒れには、見た目も改善するハンドクリームが重要だと思います。

最近発売した『ハンドピュレナ』は、老け手に効果があるそうなので、一度試してみるのをおすすめします!(^○^)

 

カテゴリー: 手の甲のアンチエイジング | コメントする

手肌に出来る湿疹の原因と対処法!

 

手の湿疹は、基本的には乾燥が原因です。

顔のかゆみも嫌ですが、手も人目に触れやすい場所ですし、かゆみもあれば尚更気持ちも沈んでしまいます。

それに、見た目だけ赤くプツプツしているけど、かゆくない。という場合もありますよね。

見た目は湿疹なのにかゆくないと、逆に余計に心配になったりします。

今回は、そんな気になる湿疹の原因と対処法について紹介していきます。

 

手の甲に出来る湿疹の原因は?

 

 

不潔が原因の場合も!

手にできる湿疹の原因は、不潔がメインの場合があります。

皮膚病の理由もあるかもしれません。

しかし、手の皮膚病の根源も不潔にあります。

通常、不潔と言うと手を洗っていない。といった問題があります。

これは、成長期のレベルの問題があり、また、成人レベルの問題の事もあります。

要するに、手を洗わずに放置すると、その結果手のひらや手の甲に湿疹が起きる訳です。

なぜ、不潔を放置しておくのか、それは衛生観念がしっかりしていないからです。

手洗いは、食事前や外出後は最低レベルで必要になります。

基本的な原因で手荒れの場合は、すぐに改善出来ますね。

バクテリアが原因

バクテリアには、いいものとわるいものがあり、炎症を起こすのは、悪いバクテリア・細菌です。

細菌類は、皮膚の栄養を食べて生きています。

皮膚の栄養と言うのは、汗による水分・皮脂・にじみ出るアミノ酸類になります。

それをもって最近は、皮膚内部にまで浸食しようとしますので、皮膚の痛覚は、痛む以前にかゆみをもって危険信号を発します。

それを放置しておけば、湿疹が発生し、炎症を起こすようになります。

また、その炎症の状態でかきむしってしまえば、皮膚の損耗から手の付けられない状態になります。

不潔を改め、清潔状態を常時維持しましょう。

要するに、かゆくなったらすぐにシャワーリングになります。

 

湿疹にはかゆいものとかゆくないものがある?

 

 

赤く腫れたところが痛む

湿疹が、発疹状態になってしまう。といった事があります。

その状態を放置しておけば、かゆみから発展して痛みまでになることがありますので、湿疹とかゆみが起こったら、すぐにでもシャワーリング・洗浄で対応してください。

湿疹の状態は、指で皮膚を触ってみて、突起物があるかどうかでも確認できます。

鏡で見てみると、赤く腫れているのがわかるでしょう。

その湿疹がかゆみを引き起こしています。

かゆみに覆われている状態では、その湿疹の状態は激しいものです。

そして、その湿疹を別の手指・爪でこすってしまうと、更に炎症を引き起こします。

色が変わってなんともない

湿疹には、赤く色変しているものはありますが、肌の状態によって、発疹がなんともない場合もあるかもしれません。

これは、皮膚の色の変色で、病状とは言いにくいものである可能性があります。

皮膚の表面上にできる色変と同じで、かゆくなかったり、いたまなかったりすれば、放置しておいて結構です。

 

まとめ

 

 

湿疹がかゆくなければ、それは痛んでいる可能性があります。

そして、ただ赤いだけで皮膚の変色のこともあるでしょう。

かゆみだけから、洗浄・シャワーリングにすぐに向かえばいいですが、それを放置し、炎症になれば、皮膚科への相談も必要になるかもしれません。

手を清潔にしておくことは、衛生上の点でも有用ですが、ソーシャルライフとしてもマナー中のマナーです。

もし、衛生状態の不潔が原因で、かゆみや湿疹が出てしまっていたら、清潔にすればすぐ改善する話ではあります。

早期に手を打つために、常日頃から手洗い習慣を身に付けましょう。

それに敏感肌でしたら、自分にあったハンドソープを洗面に置いておくことです。

携帯用のものを常時バックに入れる事も有効ですね。

自分のやり方が間違っているかもしれないとお考えであれば、早急に皮膚科に相談するべきです。

 

カテゴリー: 手の甲のアンチエイジング | コメントする